読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーイエー防衛部

防衛部11話について語るためだけに作られたブログ

私と美男高校地球防衛部LOVE!

 

はじめに

 

ハーイまたタイトルだけでクッッッッソ痛いブログを書いてしまいました。

防衛部もいよいよ最終回ということで感傷に浸ってるんですかね。すみません。

 

タイトルに私と、とついてるのでこの記事は私と防衛部というアニメについてとりあえず思ったことをだらだらと書き綴っていくものになります。私と防衛部の愛のメモリーズみたいな感じですかね。要は。気持ち悪。

前回は感想という、一応しっかりとしたテーマが決まっていたので何とかぽくはなったのですが、今回はそれすらもなく本気で愛のメモリーズです。私と防衛部が歩んできた道です。ここまで見ていただけたら分かる通りぶっちゃけ前回よりも酷いです。

ていうかそもそも防衛部とはなんぞや?という方は私の前回のブログ(推しキャラが帰国した話(防衛部11話感想) - オーイエー防衛部)を読んでください。そんな感じです。あと一期一話のリンクも置いておきます。

美男高校地球防衛部LOVE! 第1話「愛という名のもとに」 - niconico

 

出会い

 

それでは愛のメモリーズということで、オーソドックスに私と防衛部の出会いから書きたいと思います。

私が防衛部に出会ったのは2014年の12月30日だかそれくらいの年末のことでした。大掃除で家の風呂掃除をしつつ、適度に手を抜きスマホを弄りTwitterをしていたところ、当時のTwitterアプリに存在していた機能「見つける」になにやら気になるアフィブログのタイトルが目に入ってきたのです。

 

 

アフィブロ死ぬほど嫌いなんですけどタイトルとあとこのふりっふりのビジュアルがすっごい気になったんで見てみたんですよ。リンクをクリックして。ホモキュアって何だよと。そういえば私はその頃弱ペダの腐女子で丁度コミックスを全巻買え揃えたところでした。

 

リンク先で見たのはホモキュアでした。いやホモキュアってなんか馬鹿にしたような言い方なんでしょうけどこの頃の私は別に防衛部とそれはそれは長いお付き合いになるとか思ってませんから。普通にホモキュアって呼んでました。やべえアニメ始まるwwwあははwwww見ようwwwくらいの気持ちでした。半年に一回ジャンル変わるような腐女子でしたからね。ジャンルビッチ?節操がないのなんの。

 

さてこのホモキュア、まず目に飛び込んでくるビジュアルは勿論この防衛部の五人ですよね。お馴染みの有基、煙ちゃん、熱史、イオ、リュウ...。ちなみに私は直感でこりゃ煙ちゃんを推すことになるだろうなーと思っていました。主人公タイプよりも冷静な青の方がタイプなのです。セラムンでもまことちゃんとウラネプ好きだったしプリキュアだってサンシャインとかマーチが嫁だったし...あれ?全然青好きになってないな?まあ多分青推しになるんだろきっと。

 

そしてまあ、アフィブロだからまとめられた2ちゃんねるの意見を読みます。「腐女子ですら困惑しそう」「どこの層に向けてんだ」「こんなの好きになるやつの脳が可哀想」「キモすぎる」など散々な意見が大半でした。そりゃそうだよな。腐女子ですらちょっと困惑したし腐女子嫌ってるオタクからすりゃ嫌悪しかないだろうよ。(その作品がそこそこ人気出て二期までやっちゃうなんてこの人たち思いもしなかったんだろうな)

 

アフィにどうせ金やるならとりあえず記事を舐め回すように見とこうとじっくり記事を読み込み、次に私は公式サイトを開きました。へー年明けからやるんだ。まあまずはキャラ紹介を読もう。

左端からポチポチとタップしていきます。風呂の大掃除してたことなんてとっくに忘れてます。

箱根有基...あっ推しになりそうな青...由布院煙...鬼怒川熱史...てかこれみんな温泉の名前?鳴子硫黄...蔵王立...増田かよ...テニミュで別れを告げた筈なのにここで再会か...。

ウォンバット...コアラ?草津錦史郎...有馬燻...敵の衣装かっこいいな。そして次の瞬間、私は運命の出会いをします。

 

下呂阿古哉。

 

天使のような外見で、天使のように高潔。が、コケにされるとキレキャラに。なんだか蔵王が気にくわない様子。花咲ける真珠のシュヴァリエ ペルライトに変身。

 

は?男?下呂?名字めちゃくちゃ可哀想。それよりなに?長髪ピンク?女の子?かわいい枠?え~~~~?!なにそれ好み!!!私絶対この子推す!!!推し続ける!!!!!!!かわいい!!!あこやちゃん!かわいい!!

 

元来男の娘や髪の長い男性キャラクターが好きな私は一瞬で下呂阿古哉にオちます。当時は下呂阿古哉のことをあこやちゃんと呼んでいました。今では気恥ずかしくて無理です。しかも下呂阿古哉の最大の特徴であるナルシストなんてどこにも書いていないので君と僕。春ちゃんみたいなゆるふわおっとりキャラでキレキャラとのギャップが激しかったりするのかな~~と今の下呂阿古哉とは180°違った性格の下呂阿古哉像を勝手にイメージして可愛い可愛い騒いでいたのです。ていうかこの記事書いてるときに下呂阿古哉が公式から天使って言われてるの改めて見て下呂阿古哉はすごいんや...ってなりました。

 

そしてトップページに戻るとなんと、推しキャラになりそうなあこやちゃんの所属する征服部?のWeb漫画が無料で読めると!なんだそれ神様か?いやでも読めます!とか言ってもまず大元のストーリーがまっっっったく分かりません。ストーリーが分からないのにサブストーリー読んでも余計訳がわからなくなるばかりです。

とりあえず私はその場は一旦防衛部のサイトを見ることを止め、カビキラー片手に大掃除に奮闘するのでした。

 

 

 

サンキュー無意識の私

 

 

さて年も明け2015年1月、私はホモキュアのことなんざすっかり忘れていました。手嶋純太と青八木一の未来を妄想するのに忙しかったのです。

あっホモキュア見てないじゃん!と気がついた時には、防衛部が1話放送を終えた日の夕方になっていました。

マジかよ!えっ!寝てる間にあんなヤバめなアニメやってたの?!!?!えっ!!!なんだよそれ!次はいつ見れるんだよホモキュア1話!畜生!

私は悔しさで一杯になりながら防衛部公式ホームページを開きました。オンエア情報を見ていきます。えーっと愛知...は普通に無理だし終わってるし大阪?も無理に決まってるだろここ北関東!!!AT-Xは契約してないし第一ここまで待つならニコ生見た方がいいじゃん!

さてそのニコ生ですが放送は土曜日!まだ先じゃん...えっ...じゃあ私ニコ生までずっとこれ見られないの...?ホモキュアを悶々と考えながら過ごすの...?なにそれ...は...。

失意の私はテレビのHDDを漁り始めました。

もしかしたら過去の私が録画をしてくれているかもしれないからです。ちなみに私は防衛部を録画した記憶は一切ありません。一切ないのにHDDを漁っているのです。馬鹿?

まあどうせ都合よく録画なんてしてあるわけがないんだな~これが。まず記憶ないし。これで録画してあったら記憶障害だよ病院病院......。

 

 

あった

 

 

 

あったんですよ。

美男高校地球防衛部LOVE!」と書かれたタイトルが忍たま乱太郎の下に録画されてました。本当です。ここでタイトルに繋がるわけです。サンキュー無意識の私。普通に考えりゃホラーな話ですがグッジョブ私!お前は最高だ!と過去の私を誉めちぎり、防衛部1話を視聴することにしました。

 

 

 

防衛部1話を見て

 

?????????

なんだかよく分からなかった。いや分かるけど脳が考えることを拒否している。銭湯入ってる青の子の声めちゃくちゃ杉田だったけどあれ杉田?と思ってキャストを見ると全く知らない若手声優の文字。誰だ。ていうか増田以外全然知らなかった。主人公の声あれ男?おばちゃんの新人声優かと思った(すみません)ていうかなに?愛?バトルなんちゃら?プリキュア?裸????????すごい面白かったし爆笑したんだけど恥ずかしかった!!あこやちゃんは喋ってなかった!でもストーリーは把握できたしWeb漫画見てみるか!あこやちゃんどんな子なんだろ~。

 

読みました。

 

なんだこのクソナルシストは

 

でも下呂阿古哉のことを好きな気持ちは全く変わりませんでした。むしろ可愛い。自分では全然そんなことないと思っているのですが、私はどうやらナルシストキャラをになる傾向があるようです。黄瀬涼太然り、東堂尽八然り、平滝夜叉丸然り、亜風炉照美然り、鳴上嵐然り、ドラコ・マルフォイ然り......。

改めて羅列すると好きなキャラナルシストばっかじゃんどうなってんだ?

 

そんなわけで私は下呂阿古哉を推し、このアニメを最後まで見届けようと誓ったのでした。(ここから二期まで色々割愛します。書くのが面倒になったとかじゃないです)

 

 

 

二期、そして最終回

 

夏の防衛部二期発表から約一年が経ち、ついに二期がやってきました。推しの下呂阿古哉は会長と有馬さんと三人仲良く留学してしまい、前回の11話で防衛部のピンチに駆け付けてきてくれました。

そこらへんは前回の記事を読んでください。またかよ。

そして最終回です。ついに防衛部二期最終回です。終わりです。悲しい。

こんなに一つの作品にのめり込んで一生懸命になったのは防衛部が初めてなので本当に本当に悲しいし、寂しいです。正直、最終回がとても見たい気持ちと、最終回の放送時間がずっと来なければいいのにという気持ちがせめぎあっています。

きっと、本当になんとなくの勘なんですけれど、防衛部はもう三期を作らないと思います。なぜなら、作中では三年生が卒業してしまう時期だからです。

以前ちらっと「防衛部しれっと三期始まるのも嬉しい」とツイートしましたが、改めて考えてみると現実的にはやらない可能性の方が大いにあります。

 

 

私はこれからも生徒会と防衛部の子たちの日常やぐだぐだとした会話をいつまでも見ていきたいのですが、物語には終わりが付き物です。先日あの有名な「こち亀」も最終回になってしまいましたしね。下呂阿古哉が少しずつ防衛部の二年生と歩み寄ってくストーリーとか未だにめちゃくちゃ見たいし三年生が四人で穏やかに話してるのを見てみたいです。有基と生徒会の絡みも見たい。まだ見たいものだらけです。ずっと防衛部というアニメを見続けたい。でもずっとなんて無理な話ですよね。今私にできることはギャーギャー喚かず静かに公式を、防衛部最終回を待つのみなんですよね。

 

すごく湿っぽくなってしまいました。防衛部最終回ほんと気になりすぎて頭おかしくなりそうだしまだ終わらないでほしいし...爆発しそう...。

 

なんにせよ「いいアニメだった」「いい最終回だった」と笑って言えるような最終回がいいなあと思います。別府は、生徒会は、防衛部はどうなるのでしょうか。

余談ですが防衛部一期の最終回はめちゃくちゃ泣きました。「こういうのは一番若手の仕事でしょ?」のあのシーンです。下呂阿古哉お前...利害の一致で活動してた筈じゃなかったの...?ちゃんとこの組織に愛着持ってたんだね...。会長と有馬さんの手を汚さず自らの手を使って城崎ちゃんをぶん殴るところです。あれヤバくないですか...だって自分大好きな下呂阿古哉が他人の為に人を殴ってんですよ...は...素晴らしい...。

 

また話が逸れてしまいましたが、以上の文を読んで頂けるとわかる通り、私は防衛部というアニメとそれに出てくるキャラクターたち、そして下呂阿古哉が大好きです。

繰り返しになってしまいますが今晩の防衛部最終回は、笑って「ありがとう」と言える話なら最高だと思います。

 

先日の感想文よりも酷いことになっていますが、ここまで長々と読んで頂きありがとうございました。

 

 

最終回は今日!!!!!!!!!!